社会福祉援助技術演習-ソーシャルワーク体系について説明しなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数240
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「S」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題 第一設題
    ソーシャルワーク、すなわち社会福祉援助技術の体系は大きく分けて3つに分けられる。「直接援助技術」「間接援助技術」関連援助技術」である。
    「直接援助技術」は人が直接、人に関わっていくなかで活用される技術である。複雑で困難にわたる援助の対象者の問題解決には、個人の問題に直接取り組む「個別援助技術(ケースワーク)」と、集団の持つ力を利用することによって個人の問題の解決を図る「集団援助技術(グループワーク)」とがあり、それらを併せて活用していくことが求められる。
    「間接援助技術」は、地域援助技術、社会福祉調査法、社会福祉運営管理、社会福祉計画法、社会活動法から成り立っている。「直接援助技術」の背景となる社会福祉の運営体制の基盤づくりを行う技術である。
    「関連援助技術」とは、ケアマネジメント、ネットワーク、スーパービジョン、コンサルテーション、カウンセリングなどの技術である。以下にそれぞれの援助技術について述べる。
    はじめに「直接援助技術」について述べる。直接援助技術は「対人援助」である。支援の目的を対象者の生活の中に直接、かつ個別的、対人的に実現しようとする援助活動の過程で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。