精神保健福祉の理論と相談援助展開-ストレングスモデルが精神障害者支援においてなぜ有用であるのか、次のキーワードを用いなが

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数338
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    タイトルは『ストレングスモデルが精神障害者支援においてなぜ有用であるのか、次のキーワードを用いながら考察せよ。(ICF、障害特性、リカバリー)
    評価「S」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題 第一設題
    精神障害の障害特性として疾病と障害の併存といったことがあげられる。そのため、疾病に対する治療と障害に対するリハビリテーションは同時並行して行われる。つまり、疾病とはずっと付き合いながら生活していくというものである。医療機関でのリハビリテーションが終わり、治癒したり回復したりしたら、もうそれでおしまいというものではない。対象者が望む生活を自ら主体的に送ることを支援することが精神科リハビリテーションであると考える。
    そうした精神障害者の生活を支援するために有効とされているのがICF(国際生活機能分類)(以下ICF)での障害理解である。ICFは障害を個人と環境の相互の関係としてみ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。