社会福祉行財政-市町村等の地方自治体が地域福祉計画を策定する際、どのような住民参加の方法が考えられるか、あなたが居住して

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数251
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題名「市町村等の地方自治体が地域福祉計画を策定する際、どのような住民参加の方法が考えられるか、あなたが居住している地域での実情に合わせて記述しなさい」
    講評には地域の実情に合わせ、住民参加の方法を考察することを求めていますのでもう少し詳述しましょうと書かれていました。
    評価「A」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題 第一設題
     地域福祉の推進は社会福祉法第4条に記されている。今日の社会福祉の実現においては最大の課題と考える。その具現のひとつとして、地域福祉計画がある。市町村による地域福祉計画は社会福祉法第107条に計画の策定や変更についてあらかじめ住民や社会福祉事業所やそれらの活動を行うものの意見を反映させ、それを公表することと記されている。第108条では都道府県について同様のことが明記されている。以下、地域福祉計画の策定への住民参加の方法について述べる。
     地域福祉計画策定について、まず必要なことはニーズを知ることにある。この段階での住民参加としては住民等へのニーズ調査としてのアンケートへの回..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。