地域福祉論「コミュニティワークの歴史的経緯を踏まえたうえで、コミュニティワークの原則について論じなさい」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数757
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「B」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題 第一設題
    コミュニティワークとは、地域住民がその生活する地域に生ずるさまざまな問題に主体的、組織的に取り組むとともに、問題の解決に必要な資源の開発、調達やそのネットワークを用いて援助する社会福祉間接援助技術のひとつである。地域福祉援助技術と呼ばれる。コミュニティオーガナイゼーションと呼ばれる「地域組織活動」、コミュニティディベロップメントと呼ばれる「地域資源開発援助活動」、コミュニティケアと呼ばれる「地域福祉活動」の総称がコミュニティワークである。具体的な支援対象は、ボランティア活動支援、家族会や当事者による自助グループ活動支援、住民参加型福祉サービス開発支援などがあげられる。
    コミュニティワークの始まりは1950年代のイギリスにある。精神病者や知的障がい者に対して、病院から在宅へというノーマライゼーションの流れによる政策転換を図るため、専門病院と地域社会との連携から生じたものである。1968年のシーボーム報告によって高齢者福祉など、広く社会福祉政策の概念としてほかの社会福祉の分野に普及し現在に至っている。アメリカにおいてもコミュニティワークは社会や経済、地域の構造的変動に強..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。