医学一般「老化に伴う病変について示し、それについての対応策を論ぜよ」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数426
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    医学一般老化病変対応

    代表キーワード

    医学一般老化

    資料紹介

    そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「A」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医学一般Ⅱ 第二課題 第一設題
     人は年を取るにつれて老化に伴う様々な変化を確認することができる。加齢に伴って皮膚にたるみが生じたり、毛髪量が減少したり、視力の低下、筋力の低下などが引き起こされる。これらは目に見えて誰もが確認できる徴候である。こうした老化に伴って自身や周囲が老いを意識するような徴候を老化徴候とよぶ。老化は万人に現れるものである。老化に伴って身体機能の低下やパフォーマンスが低下し、若いときに比べると格段と健康ではない状態となる。老化による変化でみられる検査値には血しょうたんぱくの低下、肺活量の低下、血色素の低下、、造血機能の低下に伴う腎機能の低下、ホルモン減少による骨粗鬆症等、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。