精神保健理論と相談援助の展開「地域を基盤にした支援ネットワーク構築の必要性と課題について考察しなさい」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数662
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉の理論と相談援助の展開。
    そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「B」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第三課題 第一設題
    現在わが国では、精神障害者は約323万人、その約1割の30万人が精神科病院に入院している。そして、入院患者数および在院機関とともにほかの先進諸国と比較しても突出して高い数となっており、社会問題化している。支援ネットワークの構築によって社会的入院問題の解決に寄与できると考える。
    保健福祉領域における地域ネットワークとは、地域でよりその人らしく生活していくために、主体的に活用することのできるインフォーマル及びフォーマルな社会資源との有機的・重層的な結びつきとその働きの手段及び方法であり、暮らしやすい地域づくりへのプロセスの一つである。
    しかし、精神保健福祉領域において「地域」が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。