社会保障論「日本の社会保障制度を社会保険、公的扶助、社会福祉の3つに分け、その内容をわかりやすく説明してください」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数374
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会保障論。
    そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「B」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会保障論Ⅰ 第一課題
     はじめにわが国の社会保障制度の中心となっている「社会保険」について述べる。社会保険には「年金保険・医療保険・介護保険・雇用保険・労働者災害補償保険」の五つの制度がある。
     「年金保険」は高齢や障害を負った時や生計維持者が死亡した場合などに定期的に現金が給付される。
     「医療保険」は医療機関にかかる場合にその一部を負担するだけで医療サービスが受けられるといったものである。
     「介護保険」とは介護が必要になった場合にその介護の度合いによって介護サービスを受けることができるというものである。
     「雇用保険」とは労働者が失業をした際の一定期間の現金支給や、再就職のための職業訓練などの支援を受けることができるものである。
     「労働者災害補償保険」とは、業務中もしくは通勤途中などに被った被害について補填されるものである。労働者の遺族にも給付される。
     社会保険は保険料を支払う見返りとして給付を受けることが当然の権利という考え方が普及しているため誰でも躊躇なく給付を受けることができる。生活保護受給のようなスティグマを伴わない。また社会保険の長所としては財源面で負担と給付水準..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。