精神医学「精神医療における倫理的観点から精神保健福祉士として特に留意すべき事柄について述べなさい」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数584
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神医学。そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「S」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第三課題 第一設題
     精神医療とは精神疾患に関する医療を行うことであり、精神科による医療だとする考え方がある。精神医療は原則として、精神障害の患者に臨床場面で治療行為を行うことだとされている。医師と看護師が関与し、集団療法などの複数の患者を対象にすることがあっても、原則は1対1で治療を行うものだからである。だが、精神保健では一人の患者を対象にするとともに、その対象者の背景(生活・家族・環境・所属集団など)にも関心を持ってアセスメントを行う。必ずしも1対1とはならないのである。対象者本人の治療にとどまらず、対象者が精神的不調・不安定に陥らざるを得なかった条件を見つけ、解決策へと導き、再発予防の退..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。