ソーシャルワーク論「コミュニティ・ベースド・ソーシャルワーカーに求められる役割をネットワークとソーシャルアクションに関連

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数572
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ソーシャルワーク論。そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「A」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第五課題 第一設題
     我が国は2000年を境にする社会福祉基礎構造改革により、社会福祉事業法を社会福祉法に名称変更した。利用者の立場に立った社会福祉制度の実現を基本理念とし、行政が行政処分によりサービス内容を決定する措置制度から、利用者が事業者と対等な関係に基づきサービスを選択する契約制度へと大きく転換した。
    福祉サービス利用者は飛躍的に増加し、それにしたがって事業所も増加した。サービス提供の豊富さと質が増えるとともに、差が生じるようになった。利用者には、たくさんある事業所やサービスの中から自らのQOLを向上させるためにどれを選択すればいいのかといった困難が伴う結果となった。「利用者の自己決定..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。