ソーシャルワーク論「グループを活用した援助方法について、グループワークの実践モデルと関連させて論ぜよ」

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,220
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ソーシャルワーク論。そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「A」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第四課題 第一設題
     グループワークとは、グループの力を活用することで個人の成長や問題の解決を支援するソーシャルワークにおける専門技術のことである。同じ悩みや課題を抱えた人たちでグループを形成し、そのグループにワーカーが専門的に働きかけることによって、メンバーたちが課題を分かち合い気付きを深め、課題の解決に向けて仲間とともに取り組むことで、その人自身がエンパワーされる。1対1ではない複数の援助関係が存在することで小集団における相互作用の力を活用させることができる社会福祉援助技術である。
     グループワークの援助方法は社会福祉だけではなく医療、臨床心理、社会教育などの分野でも幅広く用いられている。グループワークが活用される場も様々で、障害を持つ児童のキャンプ、福祉施設、病院、各種支援センターなど、人が集まるあらゆる場でグループワークが効果をあげている。
     グループワークの代表とされる4つのモデルについて述べる。
    ①社会福祉目標モデル、このモデルは民主主義社会にふさわしい見識ある市民を育てることを目標としており、その為にグループ経験を通じて必要な行動様式を強化するワークである。社会的責任とい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。