ソーシャルワーク論「レジデンシャル・ソーシャルワーカーに求められる役割をエンパワメント・アプローチに関連させて論ぜよ」

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数741
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ソーシャルワーク論です。そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「B」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第三課題 第一設題
     ソーシャルワーカーは現在、地域に根ざして様々な分野で働いている。そのなかで施設に入所している利用者のために働くソーシャルワーカーをレジデンシャルソーシャルワーカーと呼ぶ。
     対象者にとっては、施設と地域社会が連携し継続して支援されることが重要となってくる。インケア中に限らず、レジデンシャルソーシャルワーカーは入所・退所に関しても援助を行う役割が求められている。
    わが国の社会福祉施設、特に保健・医療の現場では地域とともに対象者を支援していく体制が図られている。施設で働くレジデンシャルソーシャルワーカーには地域との橋渡し役となることが求められている。
     対象者の課題解決に向け..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。