福祉計画論「社会福祉計画がなぜ必要なのかを論じなさい」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数373
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「A」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    福祉計画論 第一課題第一設題
     福祉計画が日本に導入されたのは平成に入ってからである。それまでの日本の社会福祉政策は被保護者に対する救貧という社会保障がメインであり、生活保護と措置制度によりサービスや給付を配分するという方式であった。現在は社会資源の開発や予防をするという観点へと軸がシフトしてきており、これらの実現には当然ながら「計画」が必要となってくる。「高齢者保健福祉推進十か年戦略(ゴールドプラン)」や「今後の子育て支援のための施策の基本的方向について(エンゼルプラン)」に代表されるような計画が日本の社会福祉の変革を象徴している。福祉計画は社会福祉政策を構成する概念のひとつであり、社会福祉..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。