児童福祉学「社会的養護とは何かをまとめ、このことから子どもの自立支援において求められることについて、自分の考えを含めて論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数707
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    児童福祉学。そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「A」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題
    社会的養護とは要保護児童を保護者に代わって公的に養育すること、また養育に困難を抱えた家族や保護者を支援する制度のことである。養育の措置形態として主に里親のもとで育つ「家庭的養護」と児童福祉施設で育つ「施設養護」の二つに分かれる。
    いずれのかたちにしても社会的養護の制度のなかで養育される児童は原則18歳までとなっており、高校を卒業すると、ほとんどの児童は18歳での自立を強いられている。一般家庭で適切な養育を受けて育つ児童においても18歳で自立した生活を送ることは困難なことである。様々な問題を抱えた要保護児童の18歳での自立がいかに困難なことであるかは想像に難くない。
    彼らには適切に養育..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。