要介護高齢者を自宅で放置している成人した子に対して行政はどのような方法で社会福祉サービスを共有できるのだろうかまたこの子

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数258
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉学。そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「B」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題第二設題
    要介護高齢者を自宅で放置している状態とは、高齢者虐待であり、放置している状態をネグレクトという。ネグレクトという行い自体でいえば決して良いことではないが、放置している子どもには大きく分けて2種類に分けることができると考える。はなから介護を放棄している悪質なタイプとはじめは懸命に介護をしていたが介護疲れからネグレクトに至ってしまったタイプである。前者の場合は身体的・経済的虐待を伴っていることが多い。いずれの場合においても社会福祉的アプローチが必要となる。
    親を放置している子に対して供給できる社会福祉サービスには主として介護保険制度の利用がある。加えて生活が困窮している場合、生活保護受給なども考えられる。また子に精神遅滞が見受けられる場合などは子に対して手帳の取得や給付の提供などが考えられる。
     高齢者虐待解決の取り組みに向けては多機関・多職種の連携が求められる。地域包括支援センター(以下地活)、介護支援サービス事業所、民生委員、地区社協、市区町村などの資源が動くこととなる。こうしたケースにおいて市町村の福祉課等がいきなり訪問するのではなく民生委員や地活の保健師等が接触す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。