高齢者福祉2「介護保険制度導入から介護保険法改正に至るまでの変遷について介護保険体制の背景と方向性を踏まえてどのように

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数283
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    高齢者福祉論。そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「A」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題 第一設題
     2015年度の介護保険制度改正に向けた、厚生労働省社会保障審議会部会の意見書の素案が明らかになった。介護保険費用の急増を抑制するために、軽度者向けサービスの訪問介護の充実と通所介護を市町村事業に移すことや、高所得者の自己負担を1割から2割に引き上げるなどの措置を盛り込んだのが特徴となっている。
    介護保険法が始まり、要介護認定を受ける人数が増加したが、特に、軽度者(要支援、要介護1)が大幅に増加し、認定者の半数を占めるようになった。軽度者は、転倒・骨折、関節疾患などにより徐々に生活機能が低下していく「廃用症候群(生活不活発病)」の状態にある、その可能性の高い要介護者が多いの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。