高齢者福祉論2「地域包括支援センターの業務内容を説明しなさい(チームアプローチの視点を社会福祉士の役割を踏まえてまとめよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数877
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    高齢者福祉論。そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「B」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題 第一設題
     2005年の介護保険制度改正では、地域で支える介護予防の必要性が認識され、新たに地域支援事業が創設された。その目的は高齢者が要介護状態になることを予防するために、そうなる前に介護予防に取り組むとともに、要介護状態になっても可能な限り、地域で自立した日常生活を営むことができるように、地域において包括的、継続的に支援していくことである。その中核的機関として設立されたのが、地域包括支援センターである。
     以下、地域包括支援センターの業務内容について記す。
     ①介護予防ケアマネジメント事業。介護予防ケアマネジメント事業とは、要介護状態になる可能性の高い虚弱な状態にあると認められる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。