保健医療制度論「医師をはじめとする保健医療専門職の全体構造を整理したうえで社会福祉士やPSWを含むチーム医療について考察

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数525
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    保健医療制度論。そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「B」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題 第一設題
     保健医療には、さまざまな医療専門職種が参加している。医療行為は、医師の指示のもとに提供される。その周辺で薬剤師による「調剤・服薬指導」、看護師・准看護師による「療養上の世話」と「診療の補助」、理学療法士・作業療法士・臨床検査技師などによる「診療の補助」、管理栄養士・栄養士による「栄養管理」、保健師・助産師による「助産・保健指導」が行われ、社会福祉士や精神保健福祉士による「医療社会事業」が提供される。こうした専門職種がその職能・業務を展開することによって、保健医療サービスが提供されていく。
     チーム医療とは、一人の患者に複数の医療専門職が連携して、治療やケアに当たることであ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。