保健医療制度論「病院等の「医療機能の分化」について全体像を整理し、それらが政策的に重視されて進められている理由を考察せよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数392
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    保健医療制度論。そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「C」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題 第一設題
    わが国の医療提供体制は、戦後、全ての国民に平等に医療を受ける機会を保障するという観点から整備が進められていた。また、国民皆保険制度の下で、国民が容易に医療機関を利用できる体制が整備されていた。だが、現在は全国的には必要病床数を上回る数が整備されており、国際的にみても人口当たり病床数が多いこと、平均在院日数が長いことや1床当たり医療従事者数が少ないことなど、全体として広く薄い提供体制となっていることなどが課題として指摘されている。
    わが国の医療提供体制は、入院については病床の機能分化が十分ではなく、急性期の患者と長期の療養が必要な患者が混在することが多くなっている。外来につい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。