権利擁護「介護家族に支援が薄いのが現状であるが、憲法25条(生存権)、憲法27条(勤労権)との絡みで、介護家族への支援~

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数540
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    権利擁護と成年後見制度。そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「A」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題 第一設題
     高齢者介護家族は孤立化しやすく、介護の悩みを抱えている家族がほとんどである。言うまでもなく急速に増加している要介護者には、その数以上の家族介護者が存在していることを示している。介護を家族だけで行うことは不可能である。自宅で介護をしても施設入所となっても苦悩は同じである。要介護者の意思だけが尊重される社会であってはならず、介護をする家族も健康で文化的な生活を営む権利があることを忘れてはならない。
     家族の介護や看護のために離職や転職をする人が増えている。介護や看護を理由とした離職・転職者数は、平成23年10月から24年9月の1年間において101,100となっている。女性の離..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。