精神障害者生活システム「精神障害者の自立と社会参加を可能にする地域生活支援システム「(当事者主権の視点を盛り込むこと)」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数709
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神障害者の生活支援システム。そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「B」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題 第二設題
     精神障害者の地域での自立と社会参加を促進し支援するためには、相談支援、居住支援、就労支援、権利擁護などが必要とされている。それらを効果的につなげて支援するための仕組みづくりとして、ニーズとサービスを結び付け、サービスの供給体制として国と地域を結び付け、サービスとサービスを結び付けるといった支援体制の形成がなされている。精神科リハビリテーションの技術も認知も進展し、精神障害者支援が大きく進展してきた。精神障害者が望む地域で生活を送ることができるように、権利擁護を含む、地域での総合的・継続的な支援システムづくりが重要になってきている。
     精神障害者の自立と社会参加を実現するた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。