精神保健学「老年期の精神保健について喪失体験の観点から記述しなさい」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数462
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健学。そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「S」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第三課題 第一設題
     老年期では、環境の変化など、多くの変化が生じる時期でもあり、うつ病を発症しやすい状態であるといえる。老年期のうつ病の場合、通常に比べて不安・焦燥感が強く出ることがあげられ、また心気症状も出てくることがある。
     老年期になると周囲や自分自身について多くの変化が訪れ、退職・引退などによる社会上の役割の変化、子どもとの世帯分離や配偶者との死別による家庭のなかでの変化も生じてくる。性格も変化し、人によっては物事に対して慎重になったり、頑固さが強くなったりすることも起きてくる。身体的には加齢に伴い白髪、皮膚のしわなどの外見の変化から、脊柱の曲りなどの形態の変化、感覚機能の老化・内臓..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。