精神保健学 発育期の精神保健について発達課題の視点から記述しなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数239
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    内容をそのまま転載することは避けてくださいね。
    評価「S」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題 第一設題
     発育期の発達課題にそって、精神保健について述べる。
    乳児期の発達課題は、その後の人生において大きな影響を及ぼすため、精神保健上、非常に重要なものと考える。この時期の発達課題は「基本的信頼感の獲得(エリクソン)」である。人を信じること、自分を信じる力のもととなる。乳児は日々の養育者との応答を繰り返すことで、自分を保護し、欲求を満たしてくれる信頼の感覚を身に着ける。愛着形成の第一段階(ボウルビィ)である。人間の基本的な欲求の一つであり、大なり小なりの心理的危機に直面した時に、希望やエネルギーの源泉になると言われている。母から離れて探索行動をとるといったことも、この信頼を獲得し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。