障害福祉論Ⅱ障害者自立支援のための協議会についてその役割を説明しなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数525
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「S」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    障害福祉論Ⅱ 第二課題 第一設題
    「障害者自立支援のための協議会についてその役割を説明しなさい」
    社会福祉の支援のあり方はノーマライゼーションの思想により、施設から地域へという流れが確実となり実践されている。障がい者においても、どんなに重い障がいを持っていても地域の中で暮らしていくことを支援していくこととなっており社会福祉法第4条においても地域福祉の推進が明記されている。地域で「一人」で自立して生活するのではなく、あくまでも「地域の中で」生活をしていくということである。地域での生活は自宅で家族と暮らす、アパート等で一人で暮らす、グループホームなどで共同生活をするなど、人それぞれに沿った生活スタイルがありニーズは多種多様である。
    多様なニーズに対応するためには、地域に存在する様々な支援機関を活用し、それらの機関が連携して支援する仕組みが求められる。乳児から高齢までの年齢に合わせた支援、就労・生活などの状況に合わせた支援などの福祉的支援、治療・リハビリテーションなどの医療的支援を含めたトータルな支援体制の構築が求められている。
    こうした地域ケアシステムが機能するためにはそれぞれの支援機関が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。