障害福祉論Ⅱ相談支援専門員の役割について述べなさい

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,408
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    障害福祉論Ⅱ 第一課題第一設題
    「相談支援専門員の役割について述べなさい」
     障害者総合支援法における「相談支援」とは第五条において基本相談支援、地域相談支援及び計画相談支援をいい、「一般相談支援事業」や「特定相談支援事業」がそれを行うと明記されている。また障害者総合支援法に基づく相談支援の事業の人員及び運営に関する基準等(平成二五年一月一八日厚生労働省令第四号)において、その配置や役割について明記されている。
     相談支援専門員の資格については、その発行・研修開催は各都道府県に設置されている相談支援専門員協会がその役割を担っている。実務経験を5年以上積み、数日間の研修を受けることで資格を得ることができる。
     障がい者支援はノーマライゼーションの理念に基づき、障がい者が希望する地域で自立して生活できる地域社会を目指したものとなっている。障がい者が地域で自立した生活を送るためには様々な専門領域の支援者が連携をとり、調整を図り協働することによって成立しうるものである。
     相談支援専門員配置の意義は障がい者が地域で生活するためにケアマネジメントのプロセスとシステムを活用し、利用者のニーズに基づ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。