心理学 「子ども虐待と心理的援助」について自由に考察しなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数496
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    講評を受けて自分なりにこうすればよかったという反省点を追記しました。
    そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「C」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理学 第二課題
    「子ども虐待と心理的援助」について自由に考察しなさい
    子ども虐待と心理的援助について、以下三つに分けて述べる。「被虐待児への援助」「虐待する親への援助」「被虐待児の支援者への援助」である。子ども虐待は子どもを取り巻く様々な角度から包括的にアプローチをしないと解決が難しい。そのなかで心理的援助が担う役割は大きく効果も高い。
     はじめに「被虐待児への援助」であるが、被虐待児の抱えている精神的なダメージは計り知れない。発達上の問題だけではなく不適切なコミュニケーションの獲得、社会性の問題、PTSDなど様々な負の問題を抱えている。虐待的な環境から抜け出し、安心した生活を送ることでそれらの問題は噴出してくる。そこで心理的援助によるケアが必要になってくる。子どもへの心理的援助は観察や面接療法だけではなく、箱庭療法などのプレイセラピーや物語の作成やワークブックを用いるなどがある。様々な心理的援助を受けるなかで傷ついた自身を見つめられるようになったり、怒りをコントロールできるようになったり、適切なコミュニケーションを獲得することができるようになる。プレイセラピーの場面では、首を絞める..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。