社会福祉運営管理論 「施設の社会化」の意味を考えるとともに地域住民に対しどのようなかかわり方を行えばいいのか論じなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数807
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    講評を受けて自分なりにこうすればよかったという反省点を追記しました。
    そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「B」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉運営管理論 第二課題
     社会福祉施設の社会化がいわれるようになったのは、社会福祉施設の閉鎖的な運営に対する問いかけが始まりといわれている。福祉施設は地域社会との関係が希薄化していた。2000年の社会福祉基礎構造改革により「地域福祉」を中心とした施策が打ち出されることとなった。人々の生活の基盤は地域にあると前提して、福祉サービスの構築が求められた。このことは入所型施設においても同様である。ユニットケアやグループホームなど小規模化という新たなケアの在り方が提起されることとなった。いずれにしても現代の社会福祉の中心を担うのは地域福祉であると考える。
     社会福祉施設は画一的な処遇による集団管理から小規模化を目指す方向にある。利用者の個別ニードに対応しつつ利用者の生活圏の拡大と自立支援の助長を促すなど、処遇内容に向上につながる。生活圏を拡大させることでそれによって生活水準を高めることとなる。また、同様のニードを持つ地域に暮らす在宅要支援者に施設を一つの社会資源として提供することも可能となる。それいよって在宅者の生活圏を拡大させることができ、QOLの向上につながる。地域社会とのノーマライゼ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。