社会福祉運営管理論 利用者に対し、よりよい援助を行うために施設が職員にどのようなかかわり方をすればいいのか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数373
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    社会福祉運営管理施設職員

    代表キーワード

    社会福祉

    資料紹介

    講評を受けて自分なりにこうすればよかったという反省点を追記しました。
    そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「B」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉運営管理論 第一課題
    社会福祉施設において利用者により良い援助を行うために施設が行うべき職員への関わりについて述べる。重要なことは職員が安心して働けるように職場環境を整えることである。大別して以下4つに分ける。①基本的な労務管理、②施設の理念と方針の提示、③専門性の向上を支える、④その他である。
    はじめに、ひとつめの①基本的な労務管理について述べる。勤務時間や休日の調整を適切に行い無理のない働き方を維持する。就業規則等を適切に明示する、また公正な人事評価を行うなどである。福祉業界は労働人口が十分ではなく定職率も低く、労働条件が必ずしも良いとは言えない。そのようななかで安心して働くために基本的な労務管理は欠かせない条件といえる。
    次に、②施設の理念と方針の提示について述べる。対人援助では個々のスタッフの違いによって援助の方法が異なりチームが機能しなくなるなど、援助の方針が見えなくなってしまいがちである。その際に施設には「何を実現するために何を目指してどう頑張っているのか」を明確にしてそれを職員に提示し共有する作業が求められる。援助の軸が明示され、それを職員が共有していないと援助が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。