児童福祉学「児童福祉における「子どもの権利擁護」の内容を整理し(特に児童福祉施設においてどのように「子どもの権利擁護」の実践がなされているのか)、今後の展望も含めて論じなさい」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数695
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「A」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童福祉学Ⅰ第二課
    「子どもの権利擁護」は歴史が浅い。現在では子どもにも女性にも権利がありその行使は一般的となっているが子どもにも権利が存在するという考え方は比較的新しいものである。1900年にスウェーデンのエレン・ケイが「児童の世紀」を出版した。その後「ジュネーブ宣言」(1924)「世界人権宣言」(1948)「子どもの権利宣言」(1959)と続いて謳われてきた子どもの権利を世界中に広めて保障しようという動きがあった。「子どもの権利宣言」では、あらゆる差別の禁止、子どもの最善の利益の保障を前提とし、子どもは人としてのあらゆる権利を行使する主体として捉えられている。日本は他国と比べて遅いが199..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。