児童福祉学「我が国の子ども虐待に対する対応、援助について「子どもの福祉」という視点から論じなさい」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数453
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「S」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童福祉学Ⅰ第一課題
    「我が国の子ども虐待に対する対応、援助について「子どもの福祉」という視点から論じなさい」
     わが国の子ども虐待に対する対応について述べる前に「子どもの福祉」とは何かについて述べる。福祉とは幸せなあたたかいものである。ただ単に就労する、自立した生活を送る、長生きをする、といったことではなく、金銭や物質的な援助のことでもない。幸せと感じることができる生活を送るためにそれらの社会資源を活用することはあっても、それ自体が福祉ではない。子どもの福祉ということは「子どもが幸せな生活を送ることができる」ということである。「子どもの最善の利益の確保」とも言われる。
    虐待への対応として以下に分別する。「発生予防」「発見」「相談援助」「保護・分離」「保護後の生活」「治療」などである。これらに対しての国の対応を援助について順に述べる。
     まず「発生予防」についての対応と援助について述べる。「乳幼児健康診査の実施」や、こんにちは赤ちゃん事業と呼ばれる「乳児家庭全戸訪問事業」などがある、これは保健師らが生後4か月までの乳児のいるすべての家庭を訪問するという制度である。また「要保護児童対策地..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。