地域福祉論「社会福祉協議会の歴史的変遷をたどりながらその役割について論ぜよ」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,831
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「B」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地域福祉論Ⅱ 第一課題
    「社会福祉協誤解の歴史的変遷をたどりながらその役割について論じなさい」
     社会福祉協議会は地域組織活動の中心を担う組織である。「社協」と短く訳して呼ばれることが殆どである。近年地域社会の持つ相互扶助機能が弱体化している。地域生活に特別の問題を抱えていない人たちであっても、親族や近隣の人たちの支援を必要としている人は多い。とくに高齢者や障害者、低所得者など社会的に弱い立場にある人々は地域の相互扶助が機能を必要としている。社会福祉において地域が果たす役割は大きい。
    地域の活動はコミュニティオーガニゼーションと呼ばれ、その中心的な役割を担っているのが社協である。社協は社会福祉法第107条、第108条に基づく民間団体である。「地域福祉の推進を図ることを目的とする団体」と法的にも明確に位置づけられている。市町村だけではなく地区にも設置されており、都道府県、全国といった形で系統的にネットワーク化されている。民間団体であるが法によって設置が義務付けられており、その行政の長が社協の理事長を兼任することもある。またその活動の財源は会費や寄付金などのほか、行政からの補助金や受託金で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。