児童福祉学 現在少子化に対する国の施策として「保育施策」の拡充が図られてきている。その内容について整理してまとめなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数552
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「B」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童福祉学Ⅱ第一課題
     現在、国による少子化対策として根幹となるものは平成15年9月に施行された「少子化社会対策基本法」と平成25年4月施行された「子ども子育て関連3法」がある。それらのなかで保育サービスの充実について言及している。保育サービスを充実させることで「安心して子どもを産み育てる環境を整備すること」という国の考え方によるものである。主な保育施策として、以下、大きく4つに分けて述べる。①「保育所待機児童の解消」②「多様な保育サービスの提供」③「幼保一体化制度の構築」④「保育士の質の向上と維持」である。
     まず「保育所待機児童の解消」について述べる。これは保育の定員の不足からきている問題..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。