工業経済論 日大通信 合格 分冊1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数304
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ※参考に使ってください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    産業革命の進展は、都市労働者を都市に集中させ、婦人・児童を新興資本家の奴隷のような立場におき、長時間労働や低賃金、賃金支払い形態の前近代性、雇用関係の非合理性など、劣悪な労働環境を生み出した。野蛮で原始的な能率強制第二原生的労働関係が行われた。また、資本による賃労働支配は、労働力を機械に従属する安価な労働力として扱い、労働者の肉体の消耗と道徳的退廃をもたらした。大規模な児童労働は、産業革命の最も重要な社会的特徴である。イギリス議会の調査報告書によれば、工場では、子供も大人も同じ時間を働き、児童の労働時間は、休憩と食事の時間を除いて、実働12時間が普通であったとしている。時には16時間労働もあった。9歳で工場に働き始める児童もいた。工場の職工長や熟練工は、工場主から労働力の補充と管理を任されている間接雇用形態であった。1833年、工場で働く男子の3分の2、女子の3分の1が、熟練工の成年男子に雇用されていた。職工長や熟練工の賃金は出来高払い制であったので、児童を酷使することによって、彼らは高賃金を得ることができた。そのため、配下の児童に過重労働させる・機械の稼働中に食事を取らせながら仕事を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。