R0711 法律学概論 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数231
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    民法物権法律債権債務契約権利自由登記

    代表キーワード

    法律学概論R0711

    資料紹介

    「物権と債権の違いについて述べよ」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「物権と債権の違いについて」述べよ
     財産権の定義というものは法律上、規定去れていないが、「物やサービスがもたらす経済的利益を内容とする権利」と考えられている。こうした考え方は人格権や身分権、国家・社会の秩序に関する利益と財産権を区別する時に有用である。法の体系は、大きく公法と私法にわけられる。こうした法体系にそって財産権も重層的な保護をされている。私法の基本法である民法は、財産権を物に対する権利である物権と、人に対する権利である債権とに大きく二分している。では、物権と債権とはそれぞれどのような特質を持っているのだろうか。
     物件は、特定の物を直接に支配できる権利であり、物を意のままにどのようにでも支配できる所有権が物権の典型である。権利の実現のためには、債権の場合には債務者による履行という他人の行為が必要となるが、物権においては、裁判所の手続きを要することはあっても基本的には不要である。このような性質を物権の直接性という。同一物に対しては、同一内容の物権は一つしか成立しない。同一の物に対して同一内容の物権が複数に成立すると、物への直接的支配が失われるからである。このような性質を物権の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。