理科レポート

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数286
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生命の誕生から動物・植物への分化、及び進化について述べよ。
    1,地球の誕生
    45億年以上前、生まれてまもない太陽のまわりを、円盤状にまわっていたガス・チリ・氷によって、地球などの惑星がつくられはじめた。同じ軌道を周っているチリが引力によって小さな岩をつくり、それが繰り返され、大きな岩と氷の塊へと成長し、それどうしが引力で引き寄せ合うことにより、微惑星へと成長する。こうして超高速で衝突を繰り返し、地球軌道付近のガス・チリ・氷が殆ど無くなってしまうまで、このような衝突は続いた。地球が大きくなるほど、その重力場は強力になり、多くの物質を次々に引き寄せ、最終的に地球自身を収縮するまで強まる、重力位置エネルギーが、熱にかわっていった。その熱が、岩石に含まれる鉄を溶かしだし、溶けた鉄は、地球の中心へ流れ込み、これが核となった。
    2,海の誕生。
    初期の地球は降り注ぐ隕石による衝突も激しく、地表はマグマオーシャンであった。地表の表面温度は400度~500度近くあり、水は水蒸気として地球の大気をなしていたと考えられている。そして次第に地球の表面が冷えていくにしたがって、大気中の水分は雨となり激しく降り注..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。