教育法規 定期試験 設題3

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数187
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法宗教学校政治法律権利政党公民教養活動

    代表キーワード

    憲法教育法規公民

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    公教育の中立性について
     日本国憲法第26条には「すべての国民は、法律に定めるところにより、その能力におうじて、ひとしく教育を受ける権利を有する」と記されている。これは憲法が教育を受ける権利を保障しているという意味である。これは学校の数などを増やすなど物理的な面を十分に確保することのみに留まらず、教育の内容が「中立的」なものでなければならないということも意味する。また、公教育の中立とは、学習だけでなく、教育上・政治上・宗教上とすべてにおいて中立であるという意味である。
     政治上の中立としては教育基本法第8条があげられる。同法8条には「良識ある公民たるに必要な政治的教養は、教育上これを尊重しなけ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。