教育法規 定期試験 設題2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数146
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子どもの「教育を受ける権利」の保証について
    子どもの教育は、人間が生きていく上で不可欠なものであり、人間の生活権と深く関わってくる。我が国の教育で「人権」が法制度上初めて位置づけられたのは、1946年(昭和21)に制定された日本国憲法においてである。
     それまで使用されていた、大日本帝国憲法には教育の条文は含まれずに、今の教育法にあたる教育勅語という体制の下でおこなわれていた。教育勅語では、教育は納税と兵役に並び臣民の三大義務とされ、国家から与えられた恩恵的な性格が強かった。
     これに対して、終戦後に公布された日本国憲法では、教育勅語に代わるものとして教育基本法が制定された。
     日本国憲法第2..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。