カウンセリング演習 定期試験 設題2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数132
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    クライアント中心カウンセリングについて
    「クライアント中心カウンセリング」は、1940年代にアメリカのカール・ロジャーズの唱えた説に基づいている。このカウンセリングは「非支持的カウンセリング」とも呼ばれている。従来のカウンセリング理論に基づいた指示、助言、解釈などを批判し、クライアントの話を傾聴することを重視した療法である。
     ロジャーズは、人間は、もともと「自己実現へと自然に向かう性質をもつもの」であり、絶えず成長しよう、適応しようとする傾向が備わっていると考えた。また彼は、人は理性や意識による判断よりも情緒面を重視したことから「感情の自由な表現」を積み重ねていけば人間は自己実現に近い状態に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。