臨床心理学定期試験 設題3

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数126
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    不登校について
    文部科学省によると、不登校とは「何らかの心理的、情緒的、身体的、あるいは社会的要因・背景により、児童・生徒が登校しない、あるいはしたくともできない状況にあること(ただし、病気や経済的理由によるものを除く)」をいい、病欠を除いて年間30日以上欠席する生徒のことである。2001年度の不登校は小学校で2万あまり、中学校で11万あたりと発表した。平均して中学生の36人に1人は何らかの理由で学校の授業を欠席している状態である。そのため、文部科学省でも「誰にでも起こり得る」と言っている。
    不登校の原因は決して画一的でなく、主な原因として、次の3つのタイプをあげることができる。それは、一般的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。