教師論定期試験 設題2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数235
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    学校教員児童授業指導組織生徒役割種類内容教師論

    代表キーワード

    教師論児童

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教員の役割と職務内容について
     学校にはさまざまな職種の教員が置かれている。校長・副校長・教頭を始め、主幹教諭・指導教諭・教諭・養護教諭など、児童・生徒の教育に直接従事する教員のほか、学校給食を担当する学校栄養士・給食作業員あるいは事務職などさまざまである。また保健関係の学校医として、内科医・歯科医・薬剤師・精神科医・薬剤師等の非常勤の職員もいる。
    この中で教員は、学校という組織の中で中核的役割を果たしている。学校の教職員の種類と職務内容の基本については、学校教育法(以下同法)の第28条に定められている。
     まず、同法第28条 3項には「校長は、公務を掌り、所属職員を監督する」と規定している。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。