教育心理学 設題1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数472
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子どもの「個人差」について述べよ
    人は皆それぞれに違った個性をもっている。背の高い人や低い人、やさしい人や意地悪な人など、顔つきも違えば考え方も違う。これらの違いを全部ひとまとめにして個人差という。
     個人差は子どもの発達を考えるときさらに必要になる。身体ばかり大きく育ってしまった子や、年齢の割りに精神的にませている子、そして1人ひとりの子どもには、大人たちの想像も及ばない大きな可能性が隠されている。その隠された個性を見出して、個人の能力を伸ばし育てて行くのが教育である。
     個人差が遺伝によるのか環境の差によるのかという疑問が長いこと論じられてきた。今私達はこのような議論がまったく意味をなさない事を知っている。例えば、原子力発電所で放射能が流出すれば、その付近の住んでいる住人(特に女性)のもっている遺伝子に異変が起こる。その後何年もたってからその女性から生まれる子どもに障害が出る可能性がある。それが遺伝の問題か環境の問題かと論じても何の役にも立たない。その反面、遺伝的な制約を受けて生まれてきた子どもにも優れた環境を与えれば、他の子どもにない才能を伸ばすことができる。異なった才能をもった..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。