教育方法論レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,010
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学習指導案の意義と作成上留意しなければならないことについて
    1,学習指導案とは
    学習指導案とは、教師が授業の展開を予測して作成する授業計画書のことで、いわば授業の設計図である。教師は、授業を行う際、事前に「学習指導案」を作成し、「授業目標」や「授業内容・教材・教具」などの諸点について構想を練り、授業を準備することになる。  学習指導案とは、広儀と狭儀のとらえ方があり、広義には学習指導のための計画書である。年間学習計画、月・週ごとの学習計画、単元ごとの学習計画、一単位時間の学習計画等がこれにあたる。しかし、学習指導案という時は一般に以下に述べる狭義が使われることが多い。狭義には年間、月、週の学習計画等をもとにして作られる1単位時間の学習計画書をいう。ここでも狭義の学習指導案について述べていきたい。
    学習指導案は大きく分けると「細案」と「略案」がある。
    (1) 細案  「細案」とは、単元名(または主題、題材)、単元設定の理由(または単元の考察、教材観)、単元の目標、指導計画(または単元の計画、評価計画)、児童・生徒の実態、本時の目標、本時の展開などはもとより、1単位時間の授業過程における教..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。