社会学概論 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数399
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「多文化共生社会の構築にとって,どのような諸課題があるかを述べよ。」
     多文化共生社会とは,どのような社会なのか。
     共生とは「異種の生物が相手の足りないところを補いながら活動する現象のこと」である。「異種の生物」に多文化を加えて「違う文化・価値観を持った集団」と言い換えれば,多文化共生社会とは「違う文化・価値観を持った集団に属する人々が,互いのちがいを認め,相手の足りないところを補いながら共に生きていくこと」となるだろう。
    多文化社会(multicultural society)や多民族社会(multi ethnic society)という用語はあった。そこに共生が入ったのは,相手の足りないところを補うために自分の強みを生かして助け合っていくことが,社会生活の中で必要になってきているからなのだろう。
    21世紀はグローバリゼーションが進み,ヒト,モノ,カネ,情報が国境を越えて大規模に移動する時代になっている。同じ文化や価値観を持った人だけが集まって生活していく事はできなくなってきている。
    また少子高齢化の進展が著しい先進国では,今後,労働力として大規模な移民を受け入れる可能性が高くなる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。