社会学概論 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数564
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     テキストで取りあげられている社会学者の中から任意の一人をとりあげ,その学者の学説やキーワードをとり入れながら,その学問的性格をまとめよ。
     タルコット・パーソンズは,ピューリタンの牧師兼大学教授を父に持つWASP(白人・アングロサクソン・プロテスタント)である。パーソンズの社会学理論の中心となっているテーマは,人間の行為と社会秩序の関係である・
     社会学理論とは,「社会と個人とはいったいどのような関係にあるのか」を問題としている。社会はどのように個人の行動を規制するのか,個人はどのように社会と関わりうるのか,個人の活動の結果は,社会にどのような変化を及ぼしうるのか。このような問題を,一般化された抽象的な概念を用いて議論する方法が,社会学理論である。
     パーソンズは,ロンドンやハイデルベルクに留学し,ヴェーバーやデュルケムなどのヨーロッパ社会学をアメリカにもたらした。
     しかし,パーソンズの研究の出発点はアメリカ社会の謎にあった。先住民が暮らす大陸にピューリタンをはじめとするヨーロッパ人が移住し,彼らを殺戮したり土地を略奪したりした。そして,13の植民地が異なる意志と利害を持つことを前..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。