音楽

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数727
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    クラシックバロック古典ロマン派

    代表キーワード

    音楽

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「クラシックの代表的作曲家について」
    クラシックとは直訳すると、古典音楽のことであるが、一般的には西洋の芸術音楽を指している。
    クラシックは時代を経て形態が変化していった。なかでもバロック音楽からは、声楽から独立した形での器楽はこの時期初めて確立された。
    17世紀から18世紀中期までの時代を「バロック音楽の時代」という。バロック音楽の特徴としては、スポンサーである王侯や貴族、教会の意向に沿って作曲しているため、大規模で豪華絢爛、感情の起伏も激しく劇的な作風になっていた。また、曲全体を低音声部が一貫して流れているという通奏低音の響きを持っていることもバロッ音楽の特徴である。この時代の代表的な作曲家は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハとゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルである。
    バッハは、西洋音楽史上最も重要なバロック音楽の作曲家と考えられてきた。多数の教会カンタータ、鍵盤音楽、室内楽などを残した。協奏曲や室内楽などではテレマンと同様当時のヨーロッパで流行していた様式にのった音楽を作った一方で、バッハのフーガに見られる対位法への傾倒は同時代人からは反時代的なものとして評価されたようである。ま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。