ジェンダー論

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,386
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「性差別と性の役割について述べよ。」
    わたしたちが生活していく中で「男のくせに」とか「女のくせに」などと一度は言われたことがあるだろう。そしてそのことで、自分の本来持っている内なる力が見えなくなったり抑圧したりといった、様々な問題が生じている。その上自己への抑圧は、他者への偏見や先入観や圧力へとつながっていくこともあるのだ。また、女と男の「~らしさ」を比べてみると、そこに大きな『力関係』が存在することがである。「優しく見えてくるはず、依存的な女らしさ」と「強く、泣かない男らしさ」は対照的な性質を持ち、 おのずと社会の中の権力関係ができてくる。「寛容さ」「忍耐」「母性」を教え込まれる「女らしさ」は、時として自己犠牲や他者依存的な抑圧となり自尊感情が育たないまま、人権を侵害されるような場面でも自分が悪いのだと思い込み、 本当の自分を 生きることが出来なくなってしまったりすることがある。「強さ」を肯定的に教え込まれる「男らしさ」は、「強さ」「力」「暴力」を肯定的に捉えてしまい「権力」 への固執や「暴力的解決」へ依存してしまうようになったり、「優しすぎる」あまりに「男社会」の中で 偏見や差別を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。