日本の思想

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数197
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    日本の思想

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    大正デモクラシー期の教育とその変遷
    序論
     前期での講義では、戦争原因としての視点から大正デモクラシーという大きな運動や思潮の流れに焦点をあて検討を行っていたが、私はその大正デモクラシーという画期的な流れの中、当時の日本国の構成員である人々の心や考え方がいかように変化を遂げたのかについて興味を持った。私は戦前の国民と、現在の我々との間には考え方、思想の大きな相違が在るように思う。戦前の日本の人々は、殉死などの考え方が存在することからもわかるように、最も尊重すべきは個人ではなく国家であった。当時は一人一人が意思や個性を尊重することは良しとされず、それぞれが国家の構成員でありそのすべての力は国のために尽くされるべきいう考え方が普及し、国民は娯楽や自己実現の為に行動することは許されなかった。しかし大正デモクラシーの動きの中で、国民は普通選挙、言論の自由、また男女の平等など個人の権利の主張を行った。私は、吉野作造(1877-1933)が、選挙権獲得運動は政治運動であると同時に国民の人格の自由を伸長する文化運動であると強調していたことからも分かるように、大正デモクラシー期は日本の国民が個人の自由..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。