パラサイト・シングル

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数561
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    心理実験大学

    代表キーワード

    心理学実験

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    パラサイト・シングル
    ・目的
    近年、未婚化が騒がれている。30歳を過ぎても、結婚していない独身者が街に溢れている。しかし、日本で未婚化が進むのは、決して一人暮らしの独身者が増えたのが原因ではない。増大したのは、親と同居する未婚者、学卒後も親と同居する未婚者なのである。山田はこのように、学卒後もなお、親と同居し、基礎的生活条件を親に依存している未婚者を、日経新聞上で「パラサイト・シングル」と呼んだ[山田 1999:11]。
    ・パラサイト・シングルの特徴
    実際に親に寄生して豊かな生活を楽しむ未婚者は、女性が圧倒的に多い。男性の場合、親と同居している割合がそもそも少ないし、同居していても、結婚資金を貯めたり、家業を手伝っていたりする人が多く、パラサイト生活を楽しむ人は、女性よりも少ない[山田 1999:21]。これは、日本では、専業主婦指向が強いゆえに生じている性差だと考えられる。つまり、女性は結婚によって別の人生を始め、結婚後は夫の収入に頼るという見通しをもつから、未婚者は安心してパラサイト生活を楽しめるのではないだろうか。一方、男性は親と同居していても、将来の妻子を養うというプレッシャー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。