特別活動研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数442
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生徒が相互に「望ましい人間関係を」確立できるようにするため、中学校の学級担任としてどのような援助をするか。具体的場面を設定してその取り組み例を実践的に記述せよ。
    学級活動を活性化するためにはどのようなことに留意して実践すればよいのかを具体的に記述せよ。
     (学級活動を活性化するためには生徒間の望ましい人間関係を形成することが不可欠である) 
     生徒間の望ましい人間関係を形成していくためには、生徒の主体的な活動を通して学級内の規律の確立を図ることが大切である。学級活動の中で、望ましい人間関係を形成していく力をつけるためには、「話し合いの充実」が重要であると考えられている。話し合い活動の充実は「話し合いの深まり」にある。話し合いを通して自己理解・他者理解を深め、折り合いをつけることを学ぶ。集団によって意思決定したことをみんなで協力しあって、役割分担し、責任もって最後までやり遂げるということで、達成感・充実感・連帯感を共有し合うことが重要である。最終の目的は、生徒がともに活動することを通して心を通わせ、達成感や連帯感を共有し合うことにある。
     「話し合い活動」はあくまで生徒主体の活動でなけれ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。