イギリスの社会福祉の発展過程についてまとめよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数890
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    14世紀頃のイギリスでは、囲い込み運動や農奴制の崩壊が原因で貧民が大量発生した。16世紀に入ると、農村の窮乏化と浮浪者の増加が更に深刻になったため救貧政策がとられた。そして1601年、社会福祉制度の起源といわれるエリザベス救貧法が制定された。貧困者への就労の強制や、浮浪者の整理を目的とし、病気や高齢の貧民を救済する一方で、労働可能な貧民には強制的に仕事をさせ、浮浪者は犯罪者として処罰した。
     18世紀後半から、産業革命によって新たな貧民層が生まれ、エリザベス救貧法改革の必要性が主張される。そして1834年、新救貧法が成立し、貧困の自助解決を要求して院外救済を廃止した。
     貧困労働者の増加が社会問題化すると、貧困者の

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     14世紀頃のイギリスでは、囲い込み運動や農奴制の崩壊が原因で貧民が大量発生した。16世紀に入ると、農村の窮乏化と浮浪者の増加が更に深刻になったため救貧政策がとられた。そして1601年、社会福祉制度の起源といわれるエリザベス救貧法が制定された。貧困者への就労の強制や、浮浪者の整理を目的とし、病気や高齢の貧民を救済する一方で、労働可能な貧民には強制的に仕事をさせ、浮浪者は犯罪者として処罰した。  18世紀後半から、産業革命によって新たな貧民層が生まれ、エリザベス救貧法改革の必要性が主張される。そして1834年、新救貧法が成立し、貧困の自助解決を要求して院外救済を廃止した。  貧困労働者の増加が社会問題化すると、貧困者の状態を把握し救済しようとする活動が始まった。1869年、ロンドンで結成された慈善組織協会は、適切な救済や慈善団体の連絡調整などを推進し、貧困者の個別救済と訪問指導を行った。この運動は、ケースワークやコミュニティワークが発展する上での基礎となったのである。  貧民街の貧困問題に対して、貧困の原因は彼らを取り巻く社会環境であるとし、貧困や無教育などによって阻害された貧困生活の改..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。