援助者が持つべき価値を明らかにし、社会福祉士の倫理綱領について所見を述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,143
ダウンロード数69
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉援助者が専門性を高め機能していくには、専門職的価値意識を根底に持っておかなければならない。社会福祉援助者の価値は、「人権の尊重」「自己実現の権利」「自己決定の権利」等が挙げられる。すべての人間が平等でかけがえのない存在であることを確信し、同時に違った個性と多様性を持っていることを認識する必要がある。利用者のあるがままを受け入れ、その人が歩んできた人生や生活、価値観を尊重し、利用者主体の援助を行うことが大切なのである。そこで必要になるのが自己覚知である。もし援助者が自分の価値観や先入観で利用者を律するなら、良好

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉援助者が専門性を高め機能していくには、専門職的価値意識を根底に持っておかなければならない。社会福祉援助者の価値は、「人権の尊重」「自己実現の権利」「自己決定の権利」等が挙げられる。すべての人間が平等でかけがえのない存在であることを確信し、同時に違った個性と多様性を持っていることを認識する必要がある。利用者のあるがままを受け入れ、その人が歩んできた人生や生活、価値観を尊重し、利用者主体の援助を行うことが大切なのである。そこで必要になるのが自己覚知である。もし援助者が自分の価値観や先入観で利用者を律するなら、良好な関係を築くことは困難で、問題解決への道も閉ざされてしまうであろう。援助者は自..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。